Find us on Facebook

NEWS アーカイブ2015年度

『Students Interview』バンタンデザイン研究所高等部 西口潤さん
2015.05.19

[Students Interview]

西口 潤(ニシグチ ジュン)
バンタンデザイン研究所高等部 ファッション科 2年 


Vantan(バンタン)_VDH西口_01_hp.jpg

僕は小4の時から自分で洋服を選んで買うようになったんですけど、


その服を着て学校に行ったら同学年の女の子に


「オシャレだね」って言われて(笑)


それからどんどん服が好きになっていきました。


中学校でも自分なりにオシャレに気を遣っていて、


この頃からファッションの専門的な勉強がしたいと


考えるようになりました。


親にファッションの勉強がしたいと相談したら、


こんな学校があるよと見つけてきてくれたのが


バンタンデザイン研究所高等部でした。


ただ、僕はバスケットも好きだったので、


高校でも続けたい気持ちもあって、


普通科の高校とバンタンのどちらに行くかかなり悩みました。


バンタンにはいわゆるスポーツ系の部活動はないですからね。


でも、最終的にはやっぱりファッションに関わっていきたいという


気持ちが勝ちました。


バンタンは、ファッションの勉強がたくさんできて、


クラスメイトもみんなファッション好きの子ばかりという


イメージがあったから、


そんな環境で勉強できたら最高じゃん!と思って、


父さんと学校見学に行き、とんとん拍子に入学が決まりました。


Vantan(バンタン)_VDH西口_02_hp.jpg

入学して1年が経ちましたが、


絵が苦手でデザイン画を描くことには苦労しているし、


細かい作業も得意ではないので、


ソーイングの授業も苦戦しています(笑)。


ファッションというとデザインやソーイングの勉強をする


イメージが強かったんですけど、


それ以外にも、ファッションビジネスという授業もあって、


流行や商品、お金の流れ、会社同士のつながりなど、


一つのお店を立ち上げるために必要なことも勉強しています。


今はその授業が一番楽しいですね。

入学前は、ただただファッションが好きで、


ファッションの勉強がしたいという気持ちだけだったので、


将来の夢なんてありませんでした。


でも、ファッションビジネスの授業を受けるようになって、


バイヤーという仕事を知り、すごく興味が出てきました。


世界を飛び回って、流行を見極めて


アイテムを買い付けてくる凄腕のバイヤー。


そんな風になれたらすごく格好良いじゃないですか(笑)。

1年生の時は、授業をとにかく全力で


楽しむことで精一杯だったんですが、


2年生になった今、楽しむだけではなく、


将来に向け意識を高めていきたいです。


直接バイヤーの仕事には関わらないことでも、


いずれはバイヤーの仕事につながっていくと思うので、


たくさんのものを見て、いろんなプロジェクトにも参加して、


もっと成長できるように頑張ります!


Vantan(バンタン)_VDH西口_03_hp.jpg




Vantan(バンタン)
http://www.vantan.jp/school/

PAGE TOP