Find us on Facebook

NEWS アーカイブ2015年度

『Students Interview』ヴィーナスアカデミー 石岡飛鳥さん
2015.10.28

[Students Interview]

石岡 飛鳥(イシオカ アスカ)
ヴィーナスアカデミー ビューティスペシャリスト学部 ヘアメイク本科


Vantan(バンタン)_石岡飛鳥01_hp.jpg

私がヘアメイクに興味を持ったきっかけは、


3歳の時、叔母にビューラーをやってもらった時にまで遡ります。


鏡台にお化粧道具がいっぱいあってそれを使って初めて


お化粧してもらえてことがとても嬉しかったです。


その後、小学校の高学年くらいから、お休みの日には「お化粧して遊びに行く」


と話している友達を見ていいなと思ったり、ビーズで手作りのアクセサリーを作ったり、ネイルをしたり...と


オシャレに興味が湧いてきて、小5の時にはネイルの仕事をしたいかも...と思うようになりました。


それから自分なりに調べて、ヘアメイクさんならネイルもお化粧もできると分かったことから、


中学生の頃にはヘアメイクアーティストになりたいと考えるようになっていたんです。

高校の授業の中で、将来の職業についての講演会があって、


その時置いてあったいろんな学校のパンフレットの中の一つが


ヴィーナスアカデミーのパンフレットでした。


パンフレットに載っている学生さんたちが


すごくキラキラしているなっていうのが最初の印象でしたね。


資格がたくさん取れて、現役の先生が教えてくれて、


さらに、自分自身もキレイになれるプログラムがあるというところに惹かれて、


オープンキャンパスに行きました。


地元群馬の美容学校とも迷ったんですが、


東京に出れば学校以外でも刺激を受けられる場所が多いじゃないですか。


東京に出たいという気持ちも大きかったので最終的にはヴィーナスに決めました。


Vantan(バンタン)_石岡飛鳥02_hp.jpg


ヴィーナスは勉強になることばかりです。


講師である現役ヘアメイクアーティストの方に授業以外で


現場のアシスタントに連れて行ってもらったりもしています。


1回のロケが長時間に及ぶこともあって正直大変なことが多いけど、


毎回充実していてとても有意義な時間だと感じています。


またアシスタントとは別に、ファッションショーのヘアメイクとして参加する機会もありました。


そのショーには、男性のモデルさんもいたのですが、


今まで女の子のヘアメイクしかやったことがなかったので、


どう対応していいかわからなくて戸惑いました。


その時は、なんとか教えてもらいながら乗り切ったけど、


それをきっかけに女性に限らず、男性のヘアセットも


しっかりできるようになりたいという気持ちが芽生えましたね。



良い経験というところでいうと、先日、原宿で「Blissy(ブリッシー)」という


ヴィーナスアカデミーの学生が運営するトータルビューティサロンを期間限定でオープンしました。


私は、ヘアメイクチームでサロンの副店長という立場を任せていただいたのですが、


店長がみんなをとにかく盛り上げて突き進んで行くタイプだったので、


私は全体のバランスを取る役割でしたね(笑)。


この2日間を通して、接客するのは楽しいなと改めて思いました。


最後に鏡で仕上がりを見て頂く瞬間が一番緊張するけれど、


笑顔で「ありがとうございました!」と言ってもらえると、すごく嬉しいし、


やってよかったなと思います。


Vantan(バンタン)_石岡飛鳥03_hp.jpg

10月からヘアメイクのアルバイトもスタートしたので、


今回のBlissyでの経験も活かしながら、現場での動きも学んでいきたいと思います!


Vantan(バンタン)
http://www.vantan.jp/school/





PAGE TOP