Find us on Facebook

NEWS アーカイブ2015年度

『Students Interview』バンタンゲームアカデミー高等部 佐藤芽理さん
2015.11.24

[Students Interview]


佐藤 芽理(サトウメリ)
バンタンゲームアカデミー高等部 アニメ&ゲーム声優専攻 1年


Vantan(バンタン)_佐藤芽理1_hp.jpg


私は、物心がつく前からずっとアニメを見て育ちました。


そんな私が声優という職業を意識したのは、


自分が好きな2つの違うアニメのキャラクターを


同じ声優さんが演じていることに気付いたことがきっかけでした。


当時、演劇部に所属していたこともあって、


アニメの声優さんが、声だけで演技していることって、


実はとても難しい、すごいことなんだって気付いて、


声だけでまるで人が変わったかのように演技できることに


強い衝撃を受けたことを覚えています。


実際に声優になろうと思ったのは中学校の頃なんですが、


実は当時、学校にあまり行けなくなってしまっていて、


自分の進路を考えていた時も、普通高校に行くことは怖いと思っていました。


そこで両親と相談したら、


私の将来につながる学校に行ったらいいんじゃないかって言ってくれて、


だったら自分が好きな声優になりたいと思って、


専門的に勉強ができる学校を探したんです。



バンタンは、専門授業と普通授業どちらも受けることができて


高校卒業資格も取ることができます。


私は経験が一番大事だと思っているので、


声優以外でもメイクやマナーなど他分野も経験できる


ワークショップがカリキュラムとしてあったことも魅力的でした。


一気に物事を進められるタイプではないので、


入学してからも最初はまず学校に行くことを目標に、


学校に行けるようになったら、次は部活、


そして次はバイトという感じに、


少しずつ少しずつできることを積み上げていこうって頑張ってきて、


最近では、学校、部活、バイトで忙しい生活にもけっこう慣れてきましたね(笑)。


Vantan(バンタン)_佐藤芽理2_hp.jpg


専門の授業はとにかく本当に楽しいです。


一週間の授業数がもっと増えてくれればいいのにって思います(笑)。


どの授業も好きですけど、動いている授業は特に好きです。


声優の授業でダンスや筋トレをするのですが、


さすがに最近は慣れてきましたけど、


入学当初は筋肉痛がすごかったですし、


今でもつらいメニューはありますね。


あと今は授業以外にバンタンコスプレ部の活動もしていています。


コスプレ部では、メイク、ポージング、演技など、


どれも声優として将来につながる要素だと思いますし、


しかも監督は業界に顔が広い方ジャッキー道斎さんで、


色々な業界の方と知り合いになれます。


最初に制作した作品では、衣装から小道具まで全部手作りでした。


みんなで協力して型紙や布を切って、それを縫って、


パンツもシャツも全部部員だけでやりました。


出来上がった衣装を着て、シーンを決め、


キャラを演じながら撮影するのですが、


作品として出来上がった後の達成感はすごかったですね。


授業ではありませんが、とても勉強になっています。



バンタンに入学して、自分でもだいぶ明るくなったと思います。


引きこもってしまっていた時期は誰が見ても暗い人間でしたけど、


今はだいぶ出たがりになりました。


授業でも、自分から手を挙げちゃうぐらいで、


本当に自分でも変わったなと思います。


授業の中で講師の方に言われたことで、


自分もそうだと思っていることなのですが、


声優は自分との戦いが続いていく職業で、


誰かのアドバイスもひたすら考えて、自分の中に落としこんで、


それを自分の声で表現していかなくてはいけないので、


コツとかテクニックを教わったらすぐできるわけじゃなく、


考えて考えて今の自分と向き合うという作業が多いです。


バンタンでは色々なことが経験できるので、


興味のあることは片っ端からやっていこうと思っていて、


自分が好きなことやできることの引き出しがどんどん増えていくと思っています。


Vantan(バンタン)_佐藤芽理3_hp.jpg


来年は二年生になるので、


後輩のことを考えられる先輩になりたいって思っています。


私もそうだったのですが、こんな特殊な学校なので、


入学したては不安でいっぱいだと思うし、


アウェー感も感じると思うんですけど、


私たち先輩がそれをすこしでも和らげてあげたいなって思っています。


将来は、


私が演じるアニメを見てくれた人が、


エンディングのクレジットで、


気になって声優の名前を探してくれるぐらいになりたいです。


私が一番憧れている声優の山寺宏一さんのように、


幅広いジャンルで、そして長く活躍できるような声優を目指して頑張ります!




Vantan(バンタン)
http://www.vantan.jp/school/


PAGE TOP